『LINK』


『滝本晃司』

SSW。解散となったバンド「たま」のベーシスト。滑り台研究家。

『小川倫生』

アコースティック・ギタリスト、コンポーザー。ギタリスト、ピーター・フィンガーが主宰するドイツのレーベルAMRの『Acoustic Guitar MADE IN JAPAN』に参加。最近では最高峰ローデンギターの対談代表で参加

『山田庵巳』

8弦のギターを弾き唄い語る、現代の生ける吟遊詩人。テクニカルな演奏はもちろん瞬時に生まれてくる言葉達が庵巳氏の妄想とわたし自身の妄想が絡むともうそこは山田庵巳の世界。一般的な引き語りとは常軌を逸す。青葉市子さんの隠れ師匠でもある。※現在HPは閉鎖しmixiのみスケジュール更新

『中村佳穂』 

「手は生き物、声は祈り。」ちから強くも涙腺を刺激させる素晴らしい声と空気感。ライブミュージックは毎度なにが起きるのかわからない。京都girl。最近では高野寛をはじめくるり、グッドラックヘイワ、キセルなどの共演も果たし止まらない模様。

『歳星』

作詞、作曲、ギター弾き歌い。 マスダヒロヤによるソロユニット、歳星(saisei)の第四次心象宇宙との交信記。全身の感覚が震え出してしまうような錯覚になる素晴らしい声。ぼくは動けなくなる

『colobs』

フォーク、ロック、エレクトロニカ等に影響を受け、アコースティックギターとピアノを中心とした楽曲に、環境音や電子音、ブレイクビーツなどを絡ませ、斬新且つ独特な世界観を表現している。

『安生正人』

ギタリストからケルティックハープ奏者へと転身、最近では笛も吹き始める安生正人。技術に裏打ちされたテクニックから奏でられる、クラシカル且つポップな楽曲たちはソロを感じさせない独特な華やかさがある。わたしは彼を天才だと思っております、自由な海を泳いでいてほしい。坂上真清やASA-CHANGなど共演もジャンルレス。

『下釜一臣』

どこか懐かしい旋律にのせ静かに語るようなうたをうたいます。もし日々や日常に疲れてしまったら彼を訪ねて下さい。個人的にはよく聞いておりわたしの癒しなのです。
『早健 hayaken』

弾き語り、ミニマル、自宅録音、多重録音、トリオ、デュオ編成など、アコースティックを中心に展開。ライブスタイルにとても影響与えてくださった素敵なお兄さん。穏やかな中に鋭く激しい言葉がぼくに衝動をくれる

『原みどり』1989年 日本コロムビア.TRIADレーベルオーディションにてグランプリ獲得。 財津和夫with原みどり「償いの日々」で歌手デビュー。3枚のソロアルバムをリリース。

『沼尾妙子』

2010年から気の合う音楽仲間とスキラシベリカというバンドを結成し 地元を中心にゆったりとしたペースで活動中 オリジナル楽曲においては詞・曲ともに奥深く透明感のある 独特の世界観を表現している

『その他』

『たかむらゆき』
絵描きの たかむらゆき です。(栃木県在住) 
水彩・クレヨン・アクリル等で、目に映る身近な自然や動物、好きなものをモチーフに独自の世界を描きます。
『2tree open house』
 暮らしの寺子屋。みんなのいえ。  生活の昔ながらの工夫や知恵、新しいことを分け合い、語り合い、生かし合う。  手仕事を学び、人となりを知り、モノへの想いに触れる。  自然に寄り添い畑で育て、収穫し、食卓を囲み季節をたのしむ。  みんなでつくるちいさな有機的暮らし。
『light project AWA』
子育ち、母育ちの日々のなか藍も育てて、拾ったり摘んだ草木で染めることを中心に制作しています。
『M3HRECORDS』
・現在、宇都宮でディストロを中心に活動しているインディーズレーベルです。 おせわにあっております、M3HRECORDS(エムサンホープレコーズ)のブログです
『music bar LYNCH』
~ 世界一ミニマルでアバンギャルド ~ 良い音楽と美味しいお酒やお茶を楽しめるお店です。DJやミニライブなど、宇都宮の不思議なお店 。
『Next Sunday』
東京阿佐ヶ谷のライブハウス。